MENU

VIO脱毛、自己処理はキケン!

 

 

 

 

 

  ※ けつげ脱毛ではありませんが、湘南美容外科クリニック の、youtude動画です!

 

 

 

 

    VIO脱毛の自己処理は、自分で行うには、
    かなりのリスクを伴うことがあります。

 

 

    ご存知の通り、VIOは、体の部位の中でも、かなりデリケートな部位です。

 

 

    今回は、様々な自己処理の方法を挙げ、それぞれに、
    どのようなデメリットがあるのかをお話しします。

 

 

 

 

 

 

どのような自己処理法があるの?

 

 

 

    まず、自己処理をするにしても、様々な方法があります。
    最も多いと思われる方法が、カミソリや毛抜きでの処理でしょう。

 

    また、電気シェーバーやワックスでの処理、中には、
    家庭用脱毛器を利用しての処理を、なさる方もいらっしゃるかもしれません。

 

    ただ、どの方法でも、VIOライン、
    とりわけ、”Oライン(けつげ)” は、自分では手の届きにくい部位なので、
    綺麗に処理するのが、なかなか難しいと言われています。

 

    以下、それぞれの自己処理法のデメリットを、
    項目分けしてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

カミソリ

 

 

 

    カミソリは、最も簡単で王道の方法ですが、
    かなりお肌に負担のかかる、方法でもあります。

 

    元々、VIOは敏感な部位であり、
    カミソリは、肌に刃を直接当てることになるので、
    肌のかゆみや、ひりつきなどの、
    肌トラブルを引き起こす危険性があります。

 

    また、一番怖いのが、誤って肌を切ってしまうことです。

 

    Vラインは、比較的手が届きやすい場所なので、
    危険性は減りますが、IラインやOライン(けつげ)といった、
    手や目の届きにくく、凹凸の多い部位は、
    誤って切ってしまう可能性があります。

 

    また、カミソリの場合、すぐ毛が生えてきてしまうので、
    生えかけの毛がチクチクしたり、何度も自己処理を行う原因になります。

 

    何度も自己処理を繰り返すと、それだけ、
    肌に負担を与えることになるので、お勧めできません。

 

 

 

 

 

 

毛抜き、ワックス

 

 

 

    先ほどお伝えした通り、カミソリでは、すぐ生えてきてしまうので、
    毛抜きやワックスでの、お手入れを考えている方も、多いかと思います。

 

    一見すると、一番楽で、仕上がりが綺麗になりそうな方法ですが、
    こちらも、かなりお肌に負担をかけてしまい、
    肌トラブルの原因にもなる方法であります。

 

    毛抜きの場合、処理だけでも、相当な時間がかかります。

 

    また、毛抜きやワックスなどの、“抜く” 処理法は、
    毛だけではなく、肌自体も剥がしてしまうことがあるので、
    かなりお肌を痛めてしまいます。

 

    また、毛を抜くことを繰り返すと、毛穴が炎症を起こしたり、
    埋もれ毛の原因になったり、色素沈着を起こしてしまうことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

電気シェーバー

 

 

 

    肌に直接刃が当たらないので、比較的、
    肌に優しいと言われているのが、電気シェーバーです。

 

    ただし、電気シェーバーの場合、カミソリのように、
    深ぞりすることができないため、仕上がりが綺麗ではありません。

 

    また、剃った後の毛の断面が尖っているので、チクチクします。

 

    デリケートな部分で、毛がチクチクすると、
    せっかく処理をしても、不快感があったり、
    その毛が原因で、肌トラブルを引き起こしかねません。

 

 

 

 

 

 

 

家庭用脱毛器

 

 

 

    家庭用脱毛器なら、一人でできるし、
    恥ずかしい部位を、見せることもないので、
    安心だと思い、検討している方も多いかと思います。

 

    ただ、家庭用脱毛器の場合、何か肌トラブルがあった際に、
    すぐに相談できなかったり、結局、VIOには手が届きにくく、
    ”当て漏れ” が、発生したりしてしまいます。

 

    また、途中で自分で行うのが面倒になって、
    止めてしまうということが、よくあるそうです。

 

 

 

 

 

    どの自己処理に関しても、総じて言えるのは、
    「VIOは、デリケートな部位であり、また、手が届きにくく、処理が難しい部位」
    でもあります。

 

    そのため、自己処理の場合、綺麗に仕上げることが難しかったり、
    悪いケースの場合なら、怪我をしてしまうことがありますので、
    けつげなどのVIO脱毛は、クリニックやサロンに頼るのが良いでしょう!

 

 

 

 

 

 

けつげ脱毛、トップページに戻る!