MENU

VIO脱毛の基礎知識! 〜VIO脱毛、自己処理のデメリット〜

 

 

 

 

 

  ※ けつげ脱毛ではありませんが、湘南美容外科クリニック の、youtude動画です!

 

 

 

 

 

    VIOの脱毛(アンダーヘアのムダ毛処理)は、
    自己処理をするメリットもありますが、デメリットもあります。

 

 

    デリケートゾーンのムダ毛(アンダーヘア)を、
    脱毛することを、”VIO脱毛” と、言います。

 

 

    ビキニラインの、”Vライン” は、
    水着を着る時に、はみ出さないように、脱毛することもあります。

 

 

    足の付け根を、キレイに整えて、
    自分の好きな形に、整えることもできます。

 

 

    Vラインは、自己処理することもできますが、
    デリケートな部位の、”Iライン” は、皮膚が薄く、痛みを感じやすく、

 

 

    また、お尻の穴周辺の、”Oライン” は、
    自己処理がやりにくい部位でもあるため、
    脱毛サロンで処理をすることが、良い選択と言えます。

 

 

    VIO脱毛の自己処理は、カミソリを使う場合が多く、
    簡単に処理はできますが、「お肌へのダメージが、大きい
    という、デメリットやリスクがあります。

 

 

    カミソリで自己処理を続けると、ダメージは蓄積されて、
    年齢を重ねると、お肌を良い状態でキープすることが、難しくなります。

 

 

    また、カミソリでムダ毛処理をすると、
    皮膚の表面も削ることになるため、お肌に必要な、
    角質層までを、削ってしまうことに、なるのです。

 

 

    さらに、入浴中にムダ毛の処理をすることが多く、
    お肌が柔らかくなっている状態で、カミソリを使うと、
    お肌をさらに削ってしまうため、”乾燥や、赤みの原因” となります。

 

 

 

 

  女性の脱毛場合は、脱毛サロンのご利用が、リーズナブルでおすすめです!
  脱毛サロンについては、姉妹サイトでご紹介していますので、詳しくは、そちらをご覧ください。

 

  → 津田沼で脱毛をお考えなら、大手サロンのキャンペーンを活用しよう!(全国展開の大手脱毛サロン一覧)

 

 

 

 

 

    電気シェーバーを、使うこともあります。

 

 

    カミソリよりは、お肌に刺激はありませんが、
    深く剃ることは、できません。

 

 

    短い毛が残り、見た目が悪いだけではなく、
    毛の先端が、尖った状態になるため、
    ”かゆみや、痛みの原因” となります。

 

 

    毛抜きを使う方法もありますが、
    毛抜きで毛を無理に抜くと、毛穴や皮膚を傷つけるため、
    ”埋没毛や、黒ずみの原因” となります。

 

 

    自己処理で、VIO処理を行なうと、
    Vラインの形状を整えているようでも、左右が対象ではない場合や、
    思ったような形に、ならない場合もあります。

 

 

    そんな場合は、脱毛サロンを、利用します。

 

 

    脱毛サロンでは、Vラインも理想の形にしてくれたり、
    肌トラブルがなくなり、毛穴が引き締まって、
    毛穴が目立たなくなってきます。

 

 

    デリケートな部位の、VIO脱毛は、
    脱毛サロンで施術すると、メリットが多いです!

 

 

 

 

 

 

けつげ脱毛、トップページに戻る!