MENU

脱毛方法を、個別解説!〜医療レーザー・ニードル・フラッシュ、とは?〜

 

 

 

 

 

  ※ けつげ脱毛ではありませんが、湘南美容外科クリニック の、youtude動画です!

 

 

 

 

    「脱毛」 と一言で言っても、様々な脱毛方法があります。

 

 

    脱毛をする際には、それぞれの方法の特徴や、メリット、デメリットを知って、
    自分に合った方法を選択することが、必要です。

 

 

    今回は、

 

 

 

    ・医療レーザー脱毛
    ・ニードル脱毛(針脱毛とも)
    ・フラッシュ脱毛(光脱毛とも)

 

 

 

    の3つを、それぞれ解説します。

 

 

 

 

 

 

医療レーザー脱毛!

 

 

 

    医療レーザー脱毛は、その名の通り、
    医療機関でしか受けられない、脱毛方法です。

 

    レーザーで、毛に含まれる黒いメラニン色素を反応さ、
    その熱を利用して、毛根を破壊するというメカニズムで、
    脱毛を行う、”永久脱毛” に、なります。

 

    メラニン色素に反応させる為、色の薄い産毛や、
    色素沈着の起こしている部位(例えば性器や肛門、乳首の周りなど)は、
    あまり、高い効果が期待できません。

 

    医療機関で行われる脱毛では、ポピュラーな方法です。

 

    レーザーを、期間を空けて、何度か当てることで、
    毛が生えてこなくなってきます。

 

    医療機関で行われるため、比較的、高い額にはなりますが、
    高い効果が期待でき、治療も、早く終わることが期待できます。

 

    ただし、レーザーの出力が高いため、
    「強い痛みを伴う」 ことが、あります。

 

    しかし、医療機関で行われるため、麻酔を使用してくれたり、
    アフターケアーの為の、薬を処方してくれるなど、
    安心な方法だと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

ニードル脱毛!(針脱毛)

 

 

 

    針脱毛は10年ほど前に主流だった、脱毛方法です。

 

    針脱毛と一言で言っても、実は二種類あります。
    (針脱毛は、”ニードル脱毛” とも呼ばれます)

 

    医療機関で行う、”医療絶縁針脱毛” と、
    エステサロンで行う、”美容電気脱毛” です。

 

    どちらも、針を一つ一つの毛穴の奥まで入れ、
    電気を流し、毛乳頭や周辺部位を破壊して、
    毛を2度と生えなくなるようにする、仕組みです。

 

    医療機関で行う医療絶縁針脱毛は、その名の通り、
    針に通っている電気の熱が、肌に直接当たらないようにする為の、
    絶縁加工をしているのに対し、美容針脱毛の針には、施されていません。

 

    どちらも、レーザー脱毛や光脱毛に比べ、
    かなりの痛みを伴いますが、確実に永久脱毛の効果があります。
    (ニードル脱毛は、永久脱毛に近い効果です)

 

    医療機関で行う針脱毛は、炎症を起こしてしまった際の薬や、
    痛みを抑える麻酔を受けることができますが、

 

    エステサロンの場合、医療機関ではないため、
    そういった処方はしてもらえません。

 

    針脱毛の場合、毛穴に直接電気を流す為、白い毛や産毛など、
    レーザー脱毛では対応できない毛にも、効果があります。

 

    その為、クリニックでは、レーザー脱毛と、針脱毛を、
    組み合わせて脱毛を行うこともあるようです。

 

 

 

 

 

 

フラッシュ脱毛!(光脱毛)

 

 

 

    光脱毛は、レーザー脱毛と同様に、
    毛のメラニン色素に、光を反応させ、
    毛穴にダメージを与えて、抑毛する脱毛方法です。

 

    毛根部分を残して、抑毛、減毛する方法になるので、
    半永久的な脱毛方法と言えます。

 

    この方法は、エステサロンで主流の方法で、
    レーザー脱毛ほどの出力は出せません。

 

    その為、レーザー脱毛よりも、
    痛みは少ないですが、一回あたりの施術の効果は薄く、
    脱毛完了までの時間が、長くかかります。

 

    出力が弱い為、肌への負担は減りますが、
    確実な永久脱毛の効果は、期待できません。

 

 

 

 

 

 

けつげ脱毛、トップページに戻る!