MENU

クリニックで受けられる、「永久脱毛」 とは?

 

 

 

 

 

  ※ けつげ脱毛ではありませんが、湘南美容外科クリニック の、youtude動画です!

 

 

 

 

    クリニックで、医療脱毛を受けようと思って調べてみると、
    「永久脱毛」が、謳われているかと思います。

 

 

    そもそも、クリニックで受けられる永久脱毛とは、
    エステサロンで受けられる脱毛と、どのように違うのでしょうか?

 

 

    今回はその違いに関して、お話したいと思います。

 

 

 

 

 

 

医療脱毛の仕組み!

 

 

 

    医療脱毛と言いますと、一般的に医療レーザー脱毛が主流になります。

 

    このレーザーで行う脱毛方法は、
    レーザーの光を、毛のメラニン色素に反応させ、
    その熱で、毛や毛を育てる細胞を、破壊して脱毛します。

 

    医療レーザー脱毛の場合、毛や毛を育てる細胞が破壊されるので、
    その破壊された毛穴からは、2度と毛が生えてこなくなるため、
    「永久脱毛」 になるという仕組みです。

 

    また、クリニックによっては、ニードル脱毛と呼ばれる、
    針を使った脱毛方法も行われています。

 

    ニードル脱毛は、毛穴に針を差し込んで電流を流し、
    毛を育てる細胞を、破壊するという方法です。

 

    こちらも、毛を育てる細胞が破壊されますので、
    2度と毛が生えてこなくなる、永久脱毛です。

 

    レーザー脱毛は、メラニン色素に反応する為、
    色素の薄い毛や、白髪伴っている毛には、効果が出にくいのに対し、

 

    ニードル脱毛は、毛穴に直接働きかけますので、
    どんな毛にも対応できるという、メリットがあります。

 

    ただし、ニードル脱毛の方は、痛みが激しく、
    また、毛穴一つ一つに施術するため、
    1回1回の施術に時間が掛かるという、デメリットがあります。

 

 

 

 

 

 

サロンでの脱毛と、どう違うの?

 

 

 

    エステサロンで受けられる脱毛は、実は永久脱毛ではありません。
    正確には、「不再生脱毛」 と呼ばれる、半永久脱毛になります。

 

    実は、法律で、医療脱毛以外で、「永久脱毛」 を、
    行うことが、禁止されています。

 

    その為、エステサロンで永久脱毛を行うことは、できないのです。

 

    サロンでの脱毛方法は、”光脱毛(フラッシュ脱毛)” と、
    呼ばれる、脱毛方法が主流になります。

 

    この光脱毛は、レーザー脱毛とメカニズムは同じで、
    毛のメラニン色素を、光に反応させ、
    その熱で、毛の細胞にダメージを与えます。

 

    ただし、光脱毛の場合、レーザー脱毛と違って、
    機械の出力が弱いため、効果が出るまでに時間がかかり、
    また、反応した毛の細胞が、完全に破壊されることはありません。

 

    その為、レーザー脱毛が、永久脱毛であるのに対し、
    光脱毛は、どちらかというと、減毛というイメージです。

 

    また、エステサロンでも、ニードル脱毛を行なっていることがありますが、
    サロンでの施術の場合、アフターケアの薬や、
    痛みを抑えるための、麻酔を処方してもらえないため、
    できれば、避ける方が良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

結局、永久脱毛は、本当に永久なのか?

 

 

 

    永久脱毛の定義は、
    「脱毛の施術完了1ヶ月後の毛の再生率が、約20%以下であること」
    です。

 

    レーザー脱毛の場合、まだ歴史が浅いので、
    完全な永久性を証明することは難しいですが、
    上記の定義で考えると、永久脱毛であると言えます。

 

    また、永久脱毛後に、何本か生えてきたということも、
    あるようですが、ホルモンバランスの乱れや、
    産毛が濃い毛に変化するということが、原因となります。

 

    永久脱毛を受けても、完全に、2度と生えてこなくなるということは、
    難しいですが、ほとんどの毛は、生えてこなくなります。

 

    レーザー脱毛の後に、レーザーで反応しなかった毛を、
    ニードル脱毛で処理すると、より完全な永久脱毛を目指せます。

 

 

 

 

 

 

けつげ脱毛、トップページに戻る!